ハイドロキノン配合のクリームでシミを薄くしたいあなたへ!

 

シミ

 

シミを薄くしたい!ハイドロキノン配合のシミ対策用の化粧水や美容液、クリームなどはどれがいいのか?

 

トライアルキット&返金保証付きのシミ対策化粧品もランキング内に加えました。

 

 

シミ・そばかす対策用の化粧品ランキング

 

ビーグレン ホワイトクリーム

 

美白ケア(trial)

 

 

  • 返金保証:365日間保証付
  • 内容:
      • クレイウォッシュ(15g)
      • QuSomeローション(20mL)
      • Cセラム(5mL)
      • QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
      • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

  • トライアルキット:1,800円

 

「ビークレンってアメリカ発の化粧品でしょ?日本人が使っても大丈夫?」

 

という疑問が多いですが、日本人用に作られています。

 

最大の特徴は”ハイドロキノン配合”でリピート率98.5%!

 

また365日返金保証!他社ではありえない期間の保証です。

 

それほど、シミ対策に自信があるメーカーといえます。

 

 

デメリットは?

 

価格がややお高め。

 

またハイドロスキン配合の化粧品は妊婦や授乳中のママさんは担当医に相談してから、判断しましょう。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

 

【公式】→http://www2.bglen.net/

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト

 



 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容:
    • スポット集中化粧液
    • 化粧水
    • 美容美白美容液
    • 美容乳液ゲル
    • メイク落とし・洗顔料

  • トライアルキット:1890円

 

アンプルールと言えば、有名雑誌に対数掲載されているメーカーです。

 

ハイドロキノンラグジュアリーホワイトシリーズの中で最高濃度で配合されているため、美白スキンケアに期待できます。

 

 

デメリットは?

 

成分の中に、エタノール表記があります。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

 

【公式】美白ケアトライアルキット

 

 

 

プラスナノHQ

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容:
      • プラスナノHQ5g 1本
      • プラスピュアVC25ミニ2mL 1本

  • トライアルキット:2980円

 

2012年の発売以来、累計販売数が30万本突破したプラスナノHQ。

 

コンシーラーの量も減りました!という口コミで話題です。

 

※ハイドロキノンを4%配合しています。

 

デメリットは?

 

返金保証なし

 

また、ハイドロキノンを4%配合しているため、赤みがでてしまう恐れもあり

 

※個人差があります

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

 

コラム:顔にシミができる原因とは?

 

顔にシミができる原因は、老化だけではありません。
紫外線の影響により、シミができてしまいます。
紫外線にあたり続けると肌が黒くなってしまいますが、これは紫外線から肌を守るためです。
肌が紫外線にあたるとメラノサイトという細胞が働き始めます。

 

メラノサイトは、黒い色素を作り出しますが、新陳代謝の異常により顔にシミが残ってしまうこともあります。
新陳代謝の異常は、紫外線による影響だけでなく睡眠不足やストレス、ホルモンバランスの乱れなどが考えられます。
これらの影響を受けてしまうことで新陳代謝の周期が乱れてしまいます。

 

通常であれば新陳代謝によって角質が生まれ変わり肌色が元に戻りますが、新陳代謝の乱れが遅くなってしまうとメラニン色素が肌に残ってしまうままになってしまいます。
色素が肌に残ってしまうと、そのまま沈着してしまい顔のシミが残ってしまうこともあるでしょう。
シミには、老人性色素斑や肝斑、雀卵斑、炎症性色素沈着など様々なタイプがあります。
多くの女性が悩まされているのが、老人性色素斑です。

 

老人性色素斑は、紫外線の影響によってできてしまうシミです。

 

初期であれば薄く美白化粧品を使用してスキンケアを行うことで改善効果を期待できます。
有効な美白成分が配合されている美白化粧品を使用することが顔のシミを改善するコツです。

 

 

シミの予防対策におすすめの食べ物とは?

 

シミは老化現象でもあるため加齢に伴い増えてしまうのは仕方のないことではありますが、毎日のケアで予防できるものでもあります。

 

予防対策としては美白化粧品を使って外側からケアするのも効果的です。

 

しかしシミ対策として手軽でおすすめな方法として食べ物を摂取することで体の中からシミを予防するというものです。

 

食べ物にはシミ予防に有効な成分が含まれるものがたくさんあり、その代表的なものとしてビタミンCがあります。

 

シミのもととなる酵素「チロシナーゼ」の働きを阻止しメラニンの生成を抑制するのです。
ビタミンCが豊富な食べ物には赤ピーマン、黄ピーマン、パセリ、レモン、ケールなどがあります。

 

また美白効果があるとして知られているL-システインはビタミンCと共にターンオーバーを活性化させメラニンの排出を促進する働きがあります。
L-システインの量を増やすにはメチオニンという成分が必要なため、このメチオニンが豊富な食べ物を摂取するのもおすすめです。

 

かつお節やたまご、いわしの煮干しなどがあります。

 

他にもリコピンが豊富なトマト、活性酸素を除去するアスタキサンチンは桜えびや甘えびなどに含まれます。
シミ予防に効果的な食べ物を少しずつ取り入れて、いつまでも若々しい肌を保ちましょう。

 

 

化粧品Q&A

 

化粧水を塗る女性

 

ハイドロキノンのメリット・デメリットとは?

 

シミを薄くしたい時によく利用されるのがハイドロキノンです。現在市販されている化粧品に含まれる成分の中でもっとも美白に効くと言われており、肌の漂白剤と呼ばれることもあります。

 

ドロキノンが登場する前に効果が高いと言われていたのがアルブチンなのですが、アルブチンの100倍もの作用を持つといわれています。

 

メリットはシミやくすみの改善に対し、強力な作用を持つ点です。シミの原因になっている酵素であるチロシナーゼの働きを抑制し、チロシナーゼを生成しているチロシンにも働きかけを行いますので、他の美白成分よりも優れていると評価されます。

 

少し濃くなってしまった頑固なシミに対しても有効な成分となっていますので、他の方法で治らなかった人たちが最後にたどりつくという位置づけになっています。

 

これほど強い美白作用を持っていて、メラニンの還元を生成の抑制を行える成分は他にはありません。
デメリットは、強い成分ですので刺激を感じやすいという点です。特に濃度の強いものは刺激が強くなりますので、敏感肌の人は注意しなければなりません。使用しているうちに肌がヒリヒリしたり赤みが表れてきたら、一時的に使用を中止しなければなりません。

 

 

オールインワンジェルのメリット&デメリット

 

オールインワンジェルとは、それひとつで化粧水、美容液、乳液、クリームなど複数のスキンケアアイテムの役割を果たすジェルのことです。

 

ここ数年人気を集めており、多くのメーカーからさまざまな商品が販売されています。

 

使用する最大のメリットは、手軽にスキンケアができること。通常は化粧水を顔全体になじませ、美容液を丁寧におき、蒸発を防ぐために乳液やクリームでふたをし、といったステップが必要になりますが、オールインワンジェルはそれだけを肌にのせればいいため、スキンケアにかける時間が短縮できます。

 

またアイテムのひとつひとつをラインで買い揃える手間が省けることもメリットでしょう。

 

いくつも買わなくても済む分、良コスパとなることも多いです。ただし高級ジェルの場合は逆に高くなるケースもあります。

 

デメリットは、今日は乾燥気味だから化粧水を多めに使おうといった、
肌状態に合わせた調整ができない点が挙げられます。またオールインワンジェルは多くの機能をまとめているために、肌への浸透力があまり高くないということがあります。

 

そのため、個別アイテムでのケアに比べると効果が弱まることが多いです。乾燥が気になる時は化粧水をプラスさせるなど、アイテムを足して使うといいでしょう。
"